古銭でも昭和に発行された紙幣や硬貨は希少価値がない!?

古銭でも昭和に発行された紙幣や硬貨には希少価値がなく人気がないのか?

いえいえそんなことはないですよ。

江戸時代の大判や小判は金が含まれていて、さどかし高い価格で取引がされるのではと思ってしまいますよね。

事実、大判や小判の中には数千万円もの価値があるのも確かです。

天正菱大判金なんかは状態が良ければ、1億円もしますし、状態が悪くても7千万円もします。

でも昭和移行に発行された紙幣や硬貨の中には高値が付く希少価値が高い古銭もあるんですよ、

そこで、ここでは昭和に発行された紙幣や硬貨の中から希少価値が高く、高い取引価格が付く古紙幣や硬貨をご紹介致します。

そんな疑問にお答え致しますね。

まず昭和2年(1927年)4月25日に日本銀行兌換券200円(裏白200円)が発行されました。

これは、関東大震災がきっかけで経済が混乱したため、銀行破綻の情報が流れ、人々が預金の引き出しに殺到する取り付け騒ぎが起こりました。

そのため、日本銀行は、各銀行に融通するお札が必要となり、急遽、新しいお札の発行を決めました。

それがこの日本銀行兌換券200円(裏白200円)です。

その発行も凄い方法で現在では考えられない方法でした。

というのも、全国の銀行が2日間臨時休業している間に、印刷局で新しいお札を製造したんです。

当然ながら!通常の印刷では間に合わないため、表面は簡易なオフセット印刷による彩紋の図柄のみ、裏面は印刷を省いいて製造しました。

それで通称「裏白(うらじろ)札」とも呼ばれております。

で!気になるお値段ですが、なんと!極美品なら650万円、並でも400万円と希少価値が高い古紙幣です。

大きさは、73mm X 123mmで、裏面には印刷がされていません。

ちなみに、この兌換券とは、金・銀と交換できる紙幣で、不換紙幣は金・銀と交換できない紙幣を言います。現在の流通しているお金はすべて不換紙幣です。

下の写真が日本銀行兌換券200円(裏白200円)です。裏が印刷されていません。

見本となっていますが模造品はサンプルではなく本物です。

日本銀行兌換券200円(裏白200円)

その翌月の5月12日に発行された兌換券200円裏赤200円は完全未使用なら45万円、並でも11万円とこちらも高い価値があります。

大きさは97mm x 188mmです。

右端には、武内宿禰が印刷されており、こちらの裏面には赤色で印刷がされていることから裏赤200円と呼ばれています。

兌換券200円裏赤200円

また、昭和6年(1931年)7月21日に発行された兌換券20円タテ書き20円は完全未使用なら20万円と高額な価格となります。

兌換券20円タテ書き20円

硬貨では、昭和33年に発行された10円で側面がギザギザになったものであればなんと5万円もの価格が付くこともあります。

50円硬貨の穴がズレているものなどもレアで高い価格で取引がされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*